AGAの初期症状とは

AGAの初期症状とは一体

AGAの初期症状とは

最近鏡で自分の頭髪を見ていると、以前に比べて髪のツヤやコシがなくなってきたように感じるとか、若干薄くなったと感じているかもしれません。これがよく聞くAGAつまり男性型脱毛症じゃないかと心配になります。AGAを改善するための情報ならこのサイトがおすすめです。

ではAGAとは髪のどんな症状なのでしょうか。AGAが発症するメカニズムは、男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンという物質に変化し、これが髪の成長のサイクルを抑制し、新しく生えてくる髪は短く細くなります。髪が短く細くなるという事は、薄毛抜け毛になりやすいという事です。

AGAの初期症状にはどんな特徴がありますか?
髪にハリやコシがなくなってくる。
髪のボリュームが出にくくなる。
髪をセットした時に分け目が以前よりも広くなる。
髪をセットするのが以前よりもしにくくなる。
シャンプーをした後に排水溝に抜け毛がたくさん溜まる。
朝起きた時に枕に抜け毛がたくさんついている。
生え際が以前よりも後退している。
生え際に短いピンピンと立っているような短い髪の毛が目立つ。
他の人から薄くなったと言われる。

このような特徴にいくつか心当たりがあるならAGAの初期症状の可能性があります。しかし、AGAになったからと言ってすぐにあきらめるべきではありません。毛根はまだ生きているわけですから治療すれば改善できます。

早く症状に気が付ければ、早期に症状を改善することが可能です。それで時々鏡で自分の頭髪の状態をチェックする、または自撮りして記録に残し以前と比べて変化していないか確認できます。

AGAの進行具合にはいくつかのパターンがあります。生え際の方から、左右のこめかみから、頭頂部から進行していくパターン、また2つのパターンがくっついた進行具合もあります。記録するときには、生え際やこめかみの様子、それと頭頂部の様子が分かるように撮影できます。

AGAの初期症状に心当たりがあっても、あきらめずに、さっそく改善に努めていきましょう。